【ラーメン修行2019 今年26杯目】濃厚つけ麺 並(松戸富田麺絆 東京)

●ラーメンデータ
日時:8月4日11時40分
店名・情報松戸富田麺絆
最寄駅:東京駅 (KITTE地下 ラーメン激戦区)
品名(価格):濃厚つけ麺 並(920円)
10368065779090.jpg

評価:86/100
過去の訪問:初訪問
備考:行列必至。20分くらい待つかな。

●自分の見解
博多合宿企画 第1弾
旅立ちの東京駅

福岡は博多にラーメン合宿にいくことに。
というわけで、餞に東京駅、ラーメン激戦区で一杯。

ラーメン激戦区自体には今回が2回目だろうか。
1回目:四川担担麺 阿吽
実はこの時にも行きたかったのが、松戸富田麺絆であった。

前回もそうだし、今回もそうだったがとんでもなく並ぶ。
松戸の人気店はダテじゃない。
ラーメン激戦区自体は5店舗が軒を連ねるが、
ここは断トツの人気といっても過言ないだろう。

行列覚悟、新幹線の時間も考え到着。
11時20分くらいの到着だったがすでに20人近く並んでいたと思う。
そして約20分ほど待って発券、入店、着席。
チャーシューのこだわり具合の文言を眺めているうちに着丼。

うーん。この手のつけ麺でいつも思う。麺の美しさ。みずみずしさ。
こだわりと一緒に書かれていたように、まずは麺のみですする。
もっちり。そして小麦風味が口に広がっていく。
スープに期待が高まる。

ついで、その美しい麺をスープに半分ディップ。
ディップした段階からわかるスープの粘度。沈めようにも沈めるのも容易じゃない。
口に運ぶと濃厚な魚介、そして豚骨の味が伝わる。
しかしながらしつこすぎはしない。甘さがいいんだよなぁ。
次々すすりたくなってしまう甘しょっぱさ。定番でありながらやはり好き。

スープオンしているナルトや海苔は飾り程度だが、
具材はスープの底に沈んでいるメンマは結構、存在感しっかりで満足。
二つ入っていたが、一つは筋も程よかったがもう一つは堅かった。少し残念。
厚めに切られたチャーシューもよかったが、メンマのほうがよかった。

さらに終盤のお楽しみ、スープ割。
煮干し出汁かな。魚介の風味でこれがまたうまい。
柚子のワンポイントがうれしい計らい。

やはり濃厚がゆえに、麺が早く終わってスープが多めに残ったかな。
スープ割で楽しませていただいたが。

行列は嘘じゃないな。また行きたい。
できることなら本店にも行きたい。

この記事へのコメント